OSPのビックミノーRUDRA(ルドラ)とVARUNA(ヴァルナ)spec2。ワカサギパターンに最適!

OSP

こんばんは。
2月のブログアクセス数が過去最高を記録しました。2月なのに。バス釣ってないのに(笑)。むしろ釣ってない方が良いのかな。みんな人の不幸が大好きですね。あいつまたボウズだよ、ザマーとか思っているのでしょうか(笑)。でもいいんです。アクセス増えるなら。ブログをやっているとボウズでもアクセス数で取りかえすことができます。ただじゃ転びませんよ。すべてプラスに転化してやる(笑)。

今日は買物ネタです。OSPの新しいビックミノーが入荷したとの情報が入ったので、渋谷のお店に行ってきましたよ。

RUDRA(ルドラ)とVARUNA(ヴァルナ)です。両方共今月出た新しいタイプのものです。ルドラはミディアムスローフローティングモデル。ヴァルナはスローフローティングモデルでスペック2と呼ばれるものです。

今までショップに行ってもサスペンドタイプしか売っていなかったので、買いませんでした。ビックミノーは結構潜るヤツが多くて、ルドラも2mぐらい潜るのですが、霞ヶ浦水系でサスペンドだとすぐ根掛かりしてしまうんですよね。

今回出たモデルはスローフローティングというフローティングとサスペンドの間ってことですかね。フローティングだと軽くて遠投性能が悪いし、サスペンドだと根掛かりしやすいので、その中間でいいとこ取りした感じですかね。

色は、ワカサギ系のカラーにした。やっぱワカサギパターンで使うんだからこの色でしょ。

手にとってみるとこんな感じ。やっぱデカイな。11cmと13cmです。デカイと思うが、霞ヶ浦のワカサギは実際これくらいの大きさはあるらしい。

背中には名前が刻まれています。

ヴァルナは15.7g。まあ表示通りの重さです。

ルドラは18.6g。こちらも表示通り。18gあれば十分な重さがあるので、よく飛ぶでしょう。

一番前のフックは外してしまいます。根掛かり防止のためです。一番根掛かりし易いのが前のフックなので、ここを外すことでかなり障害物にあたった時などにスタックを回避できます。フッキングはそんなに大差ないようです。

次の釣行時はこいつでデカイバスを釣ってやりたいと思います。ビックミノーでバスを釣ったら、さぞかし気持ち良いことでしょう。ああ釣りてーなー。

頼むよキミ。

※追記2017
やっぱりミノーはOSPのルドラとヴァルナに限る。他社からも色々なミノーが発売されていますが、なんだかんだOSPに戻るね。使い心地や入手のし易いなど総合的に見るとやっぱりねとなる。実際釣れるという報告も一番多いのではないかな。

【関連記事】
お勧めのバス釣りオカッパリ用のランディングネット!テイルウォーク NAMAZON NET
ベイトリールは右ハンドルを使え!は本当か?
オカッパリで持ち歩くロッドは何本が良いのか?

コメント

  1. T より:

    皆(びびって?)釣りに行かない中でも釣りに行かれる勇姿が素敵です。
    行かないけどやっぱフィールドがどんな状況か気になってるんで参考にさせて頂いてます!そんな人多いんじゃないでしょうか(笑)ビッグミノーでのバス画像待ってますよ!

  2. 黒川馬須夫 bassou より:

    最高にうれしいコメントありがとうございます(^o^)。なんとかビックミノーのでデカバス釣りたいです!