7/8釣行記。暑さに耐えただけの霞ヶ浦釣行。なんとか1匹ゲット。

与田浦

こんばんは。
昨日は行ってました霞ヶ浦水系。先週はまあまあ良い釣果でしたが、今週はどうか?大体2週連続は無いのだが、はたして今週も釣れるのか。先週のパターンはハマるのか?

3時半起床。6時頃現地着。まずは横利根川からスタート。先週釣った場所でとりあえず始める。水温は25℃ぐらい。2,3日前の雨で水温が2,3℃下がっている。影響あるのか。25℃なら十分温かいので問題ないと思うが、、。

ここではシザーコーム3inchのダウンショットリグで攻める。朝一だし、サクッと釣れるだろうと思ったが、まったく反応なし。どうやら先週とは状況が変わってしまっているようだ。先週のパターンなんてすぐ使えなくなるな。移動する。

与田浦へ移動する。ここでもダウンショットリグをメインに攻める。しかしまったく反応なし。気温は太陽が出てきて30℃を超えてきた。早くもしんどくなる。暑さには強いが好きな訳ではない。曇りの予報だったのに、全然晴れとるぞ(;´Д`)。

外浪逆浦へ移動する。水は濁っている。やはり雨の影響か?あまり水は良くない感じだ。釣れそうな雰囲気がまったくしないのだが、暑さに耐えながらなんとか釣りをしているとなんとキマシタ。

30cm前半のバス。釣ったのは先週と同じシザーコーム3inchのダウンショットリグ。まあ、このバスどんなワームでもおそらく釣れた系ですが、、。まさかこんな場所に居るのか!って感じのところで釣れた。近いうちに動画出しますので詳細はそちらで。

このバス以外にもロクマルクラスのズーナマ釣りました。なかなか魚の活性が高い場所だなと思ったが、その後全く反応なし。移動する。

常陸利根川へ向かう。なんかいつも同じパターンで動いているわ。ここでもいつも通りの釣りをするがまったく反応なし。状況が変化しているのだが、どう対応すれば良いのかわからない。移動する。

外浪逆浦へ行く。ここは風表になり、かなりザバザバだった。ダウンショットリグでやろうと思ったが、風が強すぎてできる状況じゃないので、巻くことにした。クランクベイトとスピナーベイトで巻くがまったく反応なしでした。

その後は、横利根川、与田浦、北利根川などあちこち回るがまったく釣れず。同じようなことを繰り返して、あまり記憶にも残ってない(;´Д`)。状況が悪くなった時に対応する術が無いわ。日が暮れるまでやったが午前中の1匹のみで終わりました。

家に帰ってからインスタグラムを見たら、その日巻きで2桁釣ってた人が居たな。まあボートだけどそのボート見かけていたからな。水温下がって濁りもあったから、巻きが良い状況という考えもあったが、自分は先週の思い出を引きずってシザーコームばかり使っていた。状況変化に対応できなかった。 外浪逆浦で巻いてた時に釣れていれば対応できたかもしれないが、、。

バス釣りは難しい。だから面白いと言えるが、釣れないのは面白くないわ(;´Д`)。
それではまた。

【関連記事】
7/1釣行記。梅雨明け灼熱地獄の霞ヶ浦水系。4匹ゲット!
7月の霞ヶ浦でのバス釣りに攻略方法はあるのか?
ジャッカルのネコシュリンプ登場!霞のテナガエビパターンで使えるか?
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント