9/24釣行記。秋雨の霞ヶ浦水系。

与田浦

こんばんは。
昨日は行ってました霞ヶ浦水系。2週間ぶりの釣りです。今年の夏はクソ暑かったですが、一気に気温が下がり、まだ体が涼しさに慣れない感じです。水中も変化していると思われるがはたして釣れるのか?

まずは霞ヶ浦本湖の水門からスタート。流入河川でやろうと思ったのだが、連日の雨のせいで泥濁りで釣れる感じではなかった。曇りで風は強くなく、釣りやすい天気だった。水温は23℃ぐらい。

ここでは水門周りをスモラバで攻める。しかし反応ないので、今度はスピナーベイトで広く探るがまったく反応無しでした。移動する。

横利根川へ移動する。三連休の最後ということで休日にも関わらず意外と空いていた。これはチャンスと思ったが、水がめちゃめちゃクリアになっていた。雨のせいでクリアになったと思われます。ボトムのテトラの位置とかはっきりわかった。

しかし、クリアになりすぎて釣れる感じではなかった。魚もまったく見えないし、、。ということで何も反応なし。移動する。

与田浦に移動する。ここで雨がかなり降ってきた。予報では一日曇りのハズだったのに、、。雨に降られながらも粘って釣りをしていたが、次第にシャレにならないレベルで雨が強くなってきたので、しばらく車で雨宿りする。

その後午前中は雨が降り続けた。レインウェアを着て多少釣りをしたが、全身びしょ濡れになり、モチベーションが下がるだけだった(;´Д`)。

午後になり常陸利根川へ移動した。 晴れて少し暑いくらいになった。ここではネコリグで護岸際を攻めたり、スピナーベイト投げたりしていたが、まったく反応なし。

ここで、SAKANA Magazineの@cookie_miyaさんにお会いしました!なんと先程ここで40UPを釣ったとのこと。その話を聞いて、ココは釣れるぞとモチベーションが上がったが、続かず。1時間ぐらいで移動する。 cookie_miyaさん自分が立ち去った後にもデカイの釣っていたようです。自分にはまったく見えなかったが(;´Д`)。

鰐川に移動する。ここではダウンショットリグでやるが、どうもスローすぎてモチベーションが上がらないので、クランクベイトを巻く。しかし、クランクにも反応なし。

その後は、横利根川や前川など水郷エリアをあちこちランガンするが、まったく異常なし。一応シザーコームのダウンショットリグでワンバイトはあったが、それだけ。ホゲました(;´Д`)。

昨日は完全にバスを見失った。まったく釣れる気がしなかったですね。秋の苦手パターンに完全にハマった。去年のブログを見直したら、同じ時期に同じようにハマってました。今思うとライトリグでやるのかスピナベなど巻くのか中途半端だった。

秋は苦手なのだが、なんとか今年は攻略したいですね。
それではまた。

【関連記事】
9月三連休の霞ヶ浦水系は激ムズ?釣る方法あるのか?
9/9釣行記。秋になりバスが散り始めた霞ヶ浦水系。なんとか2匹
9/2釣行記。秋になった霞ヶ浦水系。ヤバイと噂のドライブSSギルで釣れた!

コメント