7/7釣行記。台風並み暴風雨の霞ヶ浦水系。2匹ゲット

与田浦

こんばんは。

昨日は行ってました霞ヶ浦水系。梅雨になり常に雨が降りそうな天気が続いている。昨日も予報は雨。レインウェアはばっちりメンテナンスして、雨でもやる気十分で行ったが、はたして釣れるのか。

予想以上の爆風

朝から結構強めの雨が降っていた。そして風がかなり強かった。霞ヶ浦の湖畔に行ったら台風かと思うくらいの爆風だった。風裏に行かないとまともに釣りができない状況だったので、風裏になりそうな和田岬に行ってみた。

岬の裏は比較的穏やかだった。風の当たるところは波が当たってジャブジャブだった。こういう時は逆に風裏と表の境が小魚が流されて狙い目だったりするので、雨に打たれながらも巻物で攻めた。

しかし、風と雨が強すぎてなかなかシンドい。短時間やっただけでずぶ濡れになってしまった。魚の反応もなく移動することに。

与田浦で一発

水郷エリアに移動するが、どこも風と雨が強すぎて釣りにならない状況だった。一応釣れそうな感じのところは撃ちに行ったが、シンドいので5分ぐらいで撤収していた。

キツイので橋の下に行こうとしたが、ほとんどのところで先行者が居た。皆考えることは一緒ですね。そんな中で与田浦の屋根のあるところは誰も居なかったので、そこで釣りをすることにした。

ここは風をガードするような形になっていたので、釣れるんじゃないかな~と思いながらスピナーベイトを巻いているとググと重くなりました。

30cmぐらい。ルアーはビーブルです。この日はボウズの可能性大だったので、とりあえず釣れて一安心しました。

常陸利根川で修行

一匹釣ったので大物狙いで常陸利根川へ移動する。北東の風が吹いていたので、こういう日は常陸利根川のウインディーサイドが狙い目だろうと思って行ってみた。

ただ、やはりとんでもない爆風と雨でヤバかった。まともに立っているのキツイレベルでした。しかし、そんな中で水鳥が急降下してダイブしているのが見えたのでこりゃ絶対にバス居るはずだと思った。

だが、しばらく粘ったが、ずぶ濡れになっただけだった。たまにボイルは見えていたのだが、ちょい沖だった。強風過ぎてルアーが届いていなかったw

再度与田浦に戻って一発

午後になって予報では雨が弱くなる予報のハズだったが、むしろ風も雨も強くなっていた。常陸利根川でびしょ濡れになって萎えたので、また屋根のあるところ(与田浦)に避難することにした。

ここでまたスピナーベイトをひたすら投げる。釣れたらラッキーみたいな感じで投げていたら、またキマシタ。

25cmのバス。ルアーはまたビーブルです。小さいけど萎えていたので嬉しい一匹です。

楽天で購入

その後は雨も風もまったく弱まる気配が無いので、早めに撤収しました。

まとめとか反省

久々に釣りに行ってびしょ濡れになりました。先日レインウェアのメンテナンスについて記事を書きましたが、メンテナンスをしていたおかげで午前中ぐらいまでは問題なかったのですが、さすがに雨の強さで、後半は少し染みてきました。

レインウェアのメンテナンスは超簡単だった件
こんばんは。 梅雨がうざいですね。常に湿度が高くジメジメしています。 梅雨の時期に釣りに行くとかなりの確率で雨に降られるので、レインウェアを着て釣りをしなくてはならなくなります。 ここで問題なのが、レインウェアはメンテナン...

レインウェアとバックの間に水が溜まって、そこから染みてしまう。雨の日はバックは要らない。ルアー交換はそんなにできないしね。

あと、ズボンは濡れるのが嫌で短パンでサンダルを履いていたが、おかっぱりで短パンサンダルスタイルはいかんと思った。気をつけて歩いていたがそれでもトゲのある植物にやられたので。

コンクリート護岸の上だったから問題ないハズだと思ったのだが、護岸の隙間から生えている植物にやられた。油断禁物です。長靴を持って行かなかったのは失敗だった。

以上、色々雨の日の準備はもっとやらないといかんと思った。まあ基本的に雨の日はやらないのだが、たまにやるとそれなりに楽しめます。かなり危険ではあるのでちゃんと準備して釣りに行きましょう。

コメント