キター!21スティーズリミテッド SV TW!ダイワの新作リール

ダイワ
1000L スティーズ リミテッド SV TW
53,454円(税込)※11/27時点

こんばんは。

ついに2021年?のダイワ新作リールがダイワのHP上で発表されました。突然HPが更新されて新しいリールが追加されたのでびっくりしました。しれっとHPで出してきました。4つ新しいベイトリールが追加されましたが、その中の一つが「スティーズ LTD SV TW」です。

ボディは現行型のまま


新しいスティーズ LTD SV TWですが、ボディは現行のスティーズ SV TWと同じで、色だけシルバー色になったようです。


見た目には色が変わっただけでほぼ変化がないように思われますが、中身は色々とパワーアップしているようです。今回新しいベイトリールにすべて採用されているHYPER DRIVEデザインという機構が採用されています。

HYPER DRIVEデザインとは?


HYPER DRIVEデザインは初期性能が永く続くことを目指した設計思想となっているらしいです。主に4つの機能が強化されているようですが、一番のポイントはピニオンギアの両端にボールベアリングが2つ付いて巻きが滑らかになっている点ですね。


現行のスティーズ SV TWは巻き心地という点ではあまり良いと感じたことはないし、どちらかと言えばスカスカした感じがあった。まあそれはそれでダイワの特徴だと思ってシマノとは違って良いと思ってましたが、巻き心地とか巻き感とかやたらうるさいユーザーが増えたので、そこに対応するためのものではないかな。

これでシマノに対抗できるベイトリールに仕上がっているのだろうか。早く巻いてみたいですね。

他の機能としては、ギヤとボディとクラッチが強くなりましたよ、、というものですが、あまり現行と変わらんと思う。クラッチとか別に弱いと思ったことは一度もないし、壊れたこともないので、強くする必要あるのかな。

次世代SVスプール


次に注目なのが次世代SVスプールと謳われている「SV BOOSTスプール」ですね。トラブルレスで使いやすかったSVスプールがさらに進化し、2段階のブレーキになっているとか。フルキャストしたときに前半と後半でブレーキの効きが切り替わり、キャストの後半に弱いブレーキになることで、後半にさらに伸びて飛距離アップにつながっているようです。

これもよく言われるマグネットブレーキは遠心ブレーキに比べて後半の伸びがないとうるさい?ユーザーに言われることに対して対応してきたのではないかと思う。後半のいわゆる抜け感がこのSV BOOSTスプールによって実現できているのか。これも早く試してみたいですね。

定価7万円!


そして気になるお値段ですが定価7万円ちょうどとなっております。ぐおぉぉぉっー

なかなかの高額リールですね。ダイワのベイトリールも遂に7万円台のものが登場しました。去年のスティーズAIRの68,000円にもまあまあびっくりしましたが、さらにそれを超えるものが出てくるとは釣り業界はどんどんインフレが続いています。

※楽天やYahooでは既に予約販売が始まっています↓

「1000HL スティーズ リミテッド SV TW」を探す
68,530円(税込)※2020/11/27時点 楽天調べ

発売は12月となっているので、今年中に手に入れることができそうですね。まあ欲しいですがちょっと冷静になって買うかどうか検討したいと思います。

それではまた。

DAIWA : スティーズ LTD SV TW - Web site
次世代両軸ベイトリール HYPER DRIVEデザイン採用 STEEZフラッグシップモデルの極み
キター!ダイワ新作第一号はアルファス SV TWだ!
こんばんは。 11月になり今年も残りわずか2か月となってしまいました。この時期になると来年の新作リールの噂などが飛び交うようになりますが、なんと昨日11月5日にYouTube上でダイワの新作リールが発表されました。「ALPHAS(アル...

コメント