ジャッカルのデラクー背針チューン!冬の釣りにもいいはず!

ジャッカル

こんばんは。
昨日の釣行でボウズだったので、通勤中などにあれこれ振り返って反省するのですが、駄目だった原因の一つにタックルやルアーが多すぎたというのがあります。現場に行くとたいして使わないのにいろいろと持って行ってしまうのだ。タックルが少ない方が迷いがなくて良い結果が出るのだ。身軽だしね。次回は余計なものはバッサリ切っていこう。

たくさん持っていったルアーの中で結構良いなと思ったのが、ジャッカルのデラクーだ。お手軽に釣れるルアーとして大人気のデラクーだが、冬のディープでのリフトアンドフォールの釣りにも良いのではないかと思って、持っていったのだ。また、フォールだけでなくただ巻きでも使えるので、活性が高そうな時は、シャッドを巻くコースでこのデラクーを巻いても良いと思う。

このデラクーを通常は下にフックが付いているのを背中に付けるチューニングをしている。背中に付けることで、根がかりが激減する。昨日実際に使っていたが、霞ヶ浦水系でのテトラ帯でまったく問題なかった。しかし、横利根川の何も無さそうなところをただ巻きしている時に根がかってロストしてしまった。まったく根がかりしないわけではないです。で、1個しか持っていなかったので、また本日買ってきました。

1/4ozと3/8ozです。最近は3/4oz、1ozというデカイサイズのものも出ているようです。冬場のルアーとしてはメタルバイブがよく使われますが、自分はあまり好きではないです。なぜならよく根がかりするからです。デラクーもそのままではすぐ無くしそうなので、根がかりしないようにこいつを例によって背針チューンを施します。

こんな感じ。ダブルフックを付けても良いかもしれない。フックがラインに絡まりそうな感じがしますが、実際使った感じではほとんど問題なかったです。フッキングのしやすさについては、釣ってないのでわかりまへん(;´Д`)。まあ小さいから丸呑みのはずなんで、問題ないでしょう。

さらに、空いたお中にブレードを付けてみました。アピール力がかなりパワーアップすると思うが、やり過ぎか?実際にまだ使っていないのでわからないが、ブレード同士が干渉しそうな気もする。これで釣ったら流行るかな?

次回の釣行時はなんとかこれで釣りたいところです。
ではまた。

【関連記事】
今日の買物。クランキングシャッドだと?ジャッカルのディービルシャッド55MR
1/29釣行記。寒くない真冬の霞ヶ浦水系。NBNF達成!(横利根川、与田浦など)

コメント