3/11釣行記。暖かいがいつもの3月の霞ヶ浦だった

釣行記
霞ヶ浦
1,980円(税込)※05/27時点

こんばんは。

昨日は行ってました霞ヶ浦水系。2023年シーズン開幕しました。11月末から3ヶ月以上完全に釣りはお休みでした。毎年3月から釣りを再開するのだが、今年は例年になく3月に入ってから暖かい日が続いている。水温も既に13℃近くまで上がっている。3月は基本的にまだ寒くて釣れないのだが、この暖かさで意外と釣れてしまうのか?

午前中は水郷エリア


まずは横利根川からスタート。朝は寒くて気温は5℃しかなかった。前日東京で23℃ぐらいまで気温が上がっていたので、その温度ギャップでやけに寒く感じた。水温は手持ちの水温計で11℃だった。

とりあえず春の実績場所を巡る。水温はそこそこ高いし、サクッと釣れちゃうんじゃないかと期待したが、まったく反応なし。期待値が高かっただけに残念な感じ。


次に与田浦に行く。こちらも春の実績場所に行く。日が昇ってくるとすぐに気温は上昇した。若干暑いくらい。こりゃ完全に4月の天気だから活性高いハズだと思ったが、こちらもまったくの無でした。水の中はまだ通常の3月のままなのか?

午後は北浦


午後はこの時期恒例のワカサギパターンをやるために北浦に移動する。有名ポイントにはバサーはたくさん居た。風はイマイチ弱く、風速1,2mぐらいの西風。もうちょい風が吹いてくれないと厳しい。

ウインディーサイドでミノーを投げるがまったく反応なかった。途中でフックにシラウオがかかってきたので、シラウオパターンに変更。シラウオが5匹ぐらいがっつり寄ってくるポイントはあったのだが、バスからの反応はなし。

夕マズメに1バラシ

北浦で反応なく、ウインディーサイドだと意外と寒くて萎えてきたので、最後の夕マズメは水郷エリアに戻ることにした。そして最後に優良ポイントで1バラシあり。25cmくらいのバスだった。スモラバで喰わせたが、合わせてそのまま引っこ抜こうとしたら空中でバレた。ノーバイトノーフィッシュの完全試合は免れたが貴重な1匹を逃してしまった。

「霞ヶ浦流入河川大明解MAP 」を探す
1,980円(税込)※2024/05/27時点 楽天調べ

ということで2023年の初釣りはボウズで終わりました。暖かかったが普通の3月の霞ヶ浦でしたね。去年も3月の初釣りはボウズで1バラシだった。翌週は釣っていたので、おそらく今年も来週にはかなり春っぽい釣りができると思う。なんとか3月に初バスは釣っておきたいですね。

それではまた。

3/12釣行記。2022年釣り開幕!釣果は、、。
こんばんは。 昨日は行ってました霞ヶ浦水系。やっと2022年の初釣りに行ってきました。約4カ月ぶりの釣りとなります。今年の冬は寒かったので、冬に釣りに行きたいとは少しも思いませんでした。3月に入り急に暖かくなったので、バスの活性も上がって...
霞ヶ浦のワカサギパターンで釣れるポイント5選と役立つ動画
こんばんは。 春になると霞ヶ浦ではワカサギパターンというビックミノーを使った釣りをする人が増えます。釣れる魚がデカイので人気のある釣りパターンです。霞ヶ浦本湖や北浦の沖に向かって遠投して釣るのですが、どこでも釣れるわけではないです。そこで...
あせるな!3月の霞ヶ浦水系はまだ冬。釣れないから。
こんばんは。ため息するヤツってウザいですよね。こちらにも負のオーラがバンバン入り込んで来る気がする。ため息したところで何も事態は好転しないんだよ。むしろ周りの人にウザいと思われて、ますます環境が悪化していくのだ。注意するのも気が引けるから、...

コメント