8/16釣行記(後編)。8匹ゲット!北浦(水原、山田川あたり)。

北浦

こんばんは。
前回の続きです。

昼飯を食べながら、午後の戦略を練る。午前中の状況から、流入河川は濁りで駄目。与田浦とか横利根川など閉鎖的な水域も駄目っぽい。やはり本湖の流入河川の河口周辺などが良いのではと判断。午後は北浦の西岸の水門やドック、流入河川の河口を北へランガンすることにした。

まずはとあるドックから。

水質は良さ気。前回北浦に来た時は抹茶みたいな色をしていたからな。風は結構ある。暑くはなく過ごしやすい。風のあたらないところにスモラバを打っていくと、すぐにキマシタ

28cmぐらい。最近はこれくらいのサイズが多いわ。30は超えてほしいのだが。まあ午後はいきなり出たので調子いいな。一匹釣ってまた移動。何度かランガン繰り返すが、2匹目は出ない。そのうち水原の石積みのところに到着。

ここは人が多め。まあここは足場も良いし、魚影も濃いので、いつも人は多い。とりあえず空いているところを探してやってみる。石積み目掛けてスモラバを打っていく。

しばらく反応ない。石積みの真ん中に巾着袋に入った石積み護岸があるのだが、 こいつに引っ掛かってしまった。この巾着護岸はあらゆるルアーを飲み込む護岸。ルアーホイホイだな。さすがのスモラバでもスタックしてしまった。

以前、根掛かりし辛いドライブシャッドもやられたからね。ノーシンカーワームやネコリグでも危ない。近くで見てみるといろんなルアーが引っかかってますね。

ここで根掛かりしないルアーを使いたいということで、激ムズリバー荒川攻略用に考えていた超ライトリグを投入することにした。 どんなリグかはマル秘です(笑)。超ライトだが扱いやすく、滅多に根掛かりしない画期的なリグです(笑)。

自分の妄想の中で完成していたリグをついに実践投入です。こいつで釣れたら凄いのだが、、。まずは巾着護岸の外側を攻めてみると、何投目かであたりが。すかさず合わせるとキマシタ!

うあー、釣れてしまった。マジできた。自分でやっといてビビった。スモラバ投げて反応なかったところでいきなり来たわ。29cmぐらいのバス。また30には届かず。で、写真載せようと思ったが、バスの顎にリグが付いたままだったので写真はナシです(笑)。

で、また巾着護岸周辺を打っていくとまたすぐにキマシタ!連発だ!

今度は写真あり。ルアー付いていなかった(笑)。またも28cmぐらいのバス。これで本日7匹目。結構数は釣っているが、そろそろ40upが欲しい。

デカイの来てくれーと思いながら、さらに続けるとまたキマシタ。よっしゃ今度はデカイぞと電撃合わせをすると、、。

 

手のひらサイズでした。めちゃめちゃかわいいサイズ。合わせた瞬間にこちらに飛んできました(笑)。考案したマル秘リグは超ライトリグなので、こんなアジみたいなサイズのバスも釣れてしまいます。ちなみにタックルもアジング並みのタックルです(笑)。

ポンポンと3匹釣れました。他にも結構あたりはあったが、フッキングできなかった。とにかく喰わせる力はかなりあると思う。なかなかマジでいけるかもしれない。もうちょい精度を高めて、荒川でも投入してやろう。

また移動することに。またランガンの旅へ。水門とかドックの脇とか打っていくが反応ない。蔵川の河口あたりまで到着。この辺は良さ気だと思いやろうとしたが、先行者がいた。しかもちょうどバスを釣って記念撮影しているところだった。しかもデカイ。遠くから見た感じ45はあったと思う。ちくしょー、俺が釣る予定だったはずのバスでしょ。こういうのはホントちょっとしたタイミングの差なのかな。運だよな。

まあ狙いは間違っていなかったということでポジティブにとらえた。やっぱ河口付近ですよね。次の川に向かう。しかしもう時間がない。水原で時間かけ過ぎた。山田川に到着。ここも先行者がいたが、空いているところでやる。

しかし、反応なし。もう暗くなりここでタイムオーバー。終了となりました。

今日の釣果
バス8匹
ニゴイ1匹

【関連記事】
8/16釣行記(前編)。8匹ゲット!与田浦とか。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
お勧めのバス釣りオカッパリ用のランディングネット!テイルウォーク NAMAZON NET
ベイトフィネスにはMのバーサタイルロッドがよく合う件。

コメント