11/29釣行記。初冬の霞ヶ浦水系。3匹ゲット!(常陸利根川、鰐川など)

与田浦

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。先週から寒さが増していよいよ冬という感じになってきました。水温が下がるのはもう少し先なんですが、バスを釣るにはだいぶ厳しくなってきました。

3時半起床。5時40分頃現地着。まずは横利根川から。一番乗りしたかったポイントがあったので、少し早起きしました。寒いのに3時半起きとか頭おかしいですね(笑)。しかし早く着きすぎた。まだ暗い。気温は、、、。

outside 3度って、、。寒すぎだろ。天気予報より2度ぐらい低いじゃないか!車から外に出ると確かにめちゃくちゃ寒いわ。これでもまだ真冬より温度高いからな。12月後半になったらマイナスの世界だな。

早く来たのだが、早起きした努力も虚しく既に先行者多数。おいおい、頭おかしいんじゃ、、(笑)。まあ横利根川は冬の人気スポットなのでしょうがないか、、。

しかし、それにしても寒い。寒すぎる。水面から湯気が出ている。まだ水の方が温かい証拠だ。測ってみると、、。

10度切っていた。そろそろ冬モードですね。

横利根川は別のポイントを攻めるが特に異常なし。安定のノーバイトです。寒すぎてやる気が無くなるレベル。一回根掛かりして、再度ルアーを取り付けるときに手がかじかんで、なかなか結べなかったわ。釣れる気がしないので、移動することに。次は与田浦へ。

与田浦もさみ~な、、。まったく異常なしです。前回釣れたポイントも何もなしです。いかん予想異常に寒いな、、。早くもボウズの予感。気分を変えるため移動する。今度は常陸利根川へ。

日中太陽が出てきてから、少し暖かくなってきた。てか冬物コートを着ていると少し暑いくらい。常陸利根川の沈みテトラがあると言われているところを攻める。どこにテトラがあるのかわからん。近くのコイ師の方に聞いたが、確かにこの辺にあるとの事。実際同業者が結構いるので多分あるのだろう。

初めにダウンショットで攻めたのだが、開始10分ぐらいでアタリが!!思いっきり引いたので合わせたところ、キマシタ!!すごい引くぞ!これはなかなかのサイズ。ひょっとしてズーナマか?

しかし、突然プツッといってしまった。痛恨のラインブレイク。_| ̄|○ ごめん。バス君。

なんで切れたのかわからん。突然切れた。まあスピニングで5lbラインだったけど、でかいのがきたのかな。やっぱズーナマかな。でも引きの感じはおそらくバス。くそーもったいないことをした。今日最初で最後のバイトかもしれんのに、、。

やっぱテトラ帯はスピニングじゃだめだ。テトラがどこにあるのかわからんが。スピニングじゃ怖くなったので、これ以降ベイトフィネスに切り替えて釣りを続けることに。

しかし、魚が居ることはわかったので、しばらくここで粘ることにした。ダウンショットをデットスローに引く超地味な釣りを続ける。1時間後ぐらいに今度は底の障害物に当たったところで、ちょんちょん誘っていたところ、グググッときたので合わせたところキマシタ!!

33cmぐらい。アベレージサイズのバス。冬に釣れるバスは元気良いですね。まあ元気の良い奴じゃないと冬に喰ってきませんからね。これでボウズ回避。冬の貴重な1匹だ。今回はベイトタックルなので余裕でぶっこ抜きです。ルアーは前回同様ケイテックのスイングインパクト2inchです。

これ以降反応がなくなったので、また移動する。今度は鰐川のテトラ帯へ向かう。

今日はヘラ師がとても多い。ヘラが釣れるなら近くにバスもいるはず。冬場はいろんな魚が1か所に集まる筈だが、、。ここでも同じようにベイトフィネスタックルでダウンショットリグを使った。10分ぐらいしたところ、なんとなく重くなったと思ったら、バスがキテました!

Yes!!また釣れた!またアベレージサイズ。33cmぐらい。ハッキリとしたあたりはなかった。冬らしい感じだね。寒くて一時はどうなることかと思ったが、2匹釣れたのは上出来だな。なんて思っていたら横でヘラ師のおっさんの竿がトンデモナイ弓なり状態になっているぞ?!でかいコイがかかった様子。ランディングを手伝ってあげたところ、、。

ハチマルのコイでした(笑)。 写真だとあまり大きく見えませんが、足のサイズと比較して下さい。でかいでしょ(笑)。

こんなハプニングもあり、ここは魚っ気があるなと思ったが、その後反応無くなったので、昼休憩して、今度はまた常陸利根川に戻ることにした。冬場は実績のあるところを中心に回った方が良いと思ってね。

午後になって日が陰り、また寒くなってきた。またダウンショットでじっくり攻めるとまたキマシタ!今度は結構引く。しばらくバスとのバトルをした後、出てきたのは、、。

38cmぐらい。なかなかのサイズのバス。40いっているかと思ったがおしくも届かず。でも元気なプリプリのバスでした。今回もルアーは同じでケイテックのスイングインパクト2inch。やっぱ冬場は小さいワームが良いな。一口でイケるサイズがいいのではないかと思う。

これ以降は反応なくなり、また移動。もうあまり時間がない。また与田浦→横利根川と移動するが特に何もなし。横利根川は夕方になっても人が多いわ。17時頃にあたりが真っ暗となり、本日は終了しました。今日は3匹釣れたので満足です。

しかし、これからさらに寒くなるが、ちょっとこれ以上寒くなると釣りするのはシンドいわ。釣れている時は楽しいが、釣れてない時間の方が圧倒的に長いんでね、、。真冬に釣りする人は相当忍耐強いのかドMな人なのかのどちらかだと思う(笑)。冬は休もうかな。でも多分2,3日すると寒かった事は忘れて釣りしたくなると思うが(*´∀`)。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント