タックル紹介。ダイワSS AIR!間違いないベイトフィネスリール!

ダイワ

こんばんは。
久しぶりにタックル紹介です。ベイトフィネス用のリールであるダイワSS AIRです。

初めて買ったベイトフィネスリールがコレです。ネット上の評価などいろいろ検討した結果、このSS AIRを買っておくのが無難だと判断し、購入しました。実際使ってみた感じ、特に問題なし。なかなか気に入っております。軽くて扱いやすいリールです。

今年の春まで、ベイトフィネス何それ?っていうレベルだったのですが、今ではベイトフィネスなしの釣りは考えられません。やはりスピニングではパワーが弱いが、ベイトでは軽くてキャスティングしづらいという状況で効果を発揮します。なんだかんだ一番出番が多くなります。

ラインは8lbか10lbのフロロを使うことが多いです。注意しないといけないのは糸巻き量ですね。30mぐらい巻くことが推奨されています。たった30mかよ、少なっ!と思うかもしれませんが、これ以上巻くとスプールが重くなり、軽いルアーが投げられなくなります。自分も初めは少なすぎだろと思って限界まで巻いてしまったのですが、全然飛ばないし、バックラッシュしまくりでした。

ベイトフィネスリールの中では定番商品ですし、評価も高いので、買って損のないリールだと思います。オススメです。

※追記2017
最近改めて使うようになったが、やっぱり使い勝手が良いと感じる。ダイワのT3AIRも持ってますが、それと比べてもこちらの方が良いと思います。T3AIRはパカパカするTWSがイマイチ使い勝手が悪い。SSAIRはそんなものはなく、普通のリールで軽くてトラブルレス。やっぱオーソドックスなリールが一番だな~。

※追記2018.06.02
SV LIGHT LTDというリールが登場しましたが、SSAIRとは別物のリールですね。スプールの軽さはSSAIRが一番です。SV LIGHTはSVよりのベイトフィネスリールです。ガチでベイトフィネスやりたい場合は、やはりSSAIRの方が良いです。

それでは。

【関連記事】
ダイワSV LIGHT LTD 開封の儀!究極のバーサタイルリール!

トータル10万円超え!最強ベイトフィネスタックル!ダイワT3AIRとSTEEZ SKYRAY(スカイレイ)!
最近のメインタックル。ダイワWEREWOLF(ウェアウルフ)だ!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
ベイトフィネスリールの糸巻き量は少ないくらいが丁度いい!

コメント