1/17釣行記。厳寒の霞ヶ浦水系、、。(横利根川、与田浦など)

与田浦

こんばんは。
今日も行ってました、霞ヶ浦水系。くそ寒かったです。冬のローライトで風が吹いている日はキツイです。ただただ寒いだけ。とにかく寒さに耐える我慢の釣りでしたが、結果は如何に、、。

5時起床、7時頃現地着。まずは横利根川から。

気温は1℃。水温は5℃ぐらい。水温は表面の温度なんであまりあてにならない。国交省の出している水温を見た方が良いですね。最近は7℃前後ですね。先週より1℃下がってます。ここで結構粘って、いつものようにダウンショット、メタルバイブ、シャッドなどで攻めるが、反応なかったです。

いつもよりシャッドを多用してみたが、特に異常なし。高価なソウルシャッドを一個ロストしただけでした。まあ拾ったヤツだけどね、、。フックは替えたので多少費用はかかっているが、、。また別のアングラーの元に行くのだろうか、、。まあシャッドはいろいろ試したけど、やっぱソウルシャッドが良いですね。巻いていてしっくりくると言うか、キビキビ感が良いです。評価高いだけのことはあると思った。また落ちてないかな、、。自分で買えって(笑)。

移動する。与田浦へ。

先週は与田浦激混みだったが、今日は人少なめ。さすがに寒いから皆そろそろお休みかな、、。与田浦は水路をメインに見てみたが、特に異常なし。水路は水深が浅いからダメだな、、。

移動する。早くも昼休みタイム。昼後は常陸利根川へ向かう。

先週はここで釣れたが、今日は異常なし。午前中は少し晴れ間もあったが、午後はどんよりしていて寒い。水温も1℃下がったし、だいぶキツくなってきたのかな、、。

移動する。黒部川へ。

はい。ここも何もなし。釣れる気がしないのでさっさと移動する。最後はまた与田浦へ向かう。

夕まずめ狙いだが、曇っているのであまり水温が上がっていないので、活性が上がっていないかもしれない。前回の再現を期待したが、1回だけバイトがあってワームの尻尾を持っていかれたが、それだけでした。まあバスではなくてニゴイの可能性もあるが、、。

ということで、今日はボウズです。寒すぎて釣れるかぁ~!と叫びたくなるくらい釣れない。よく一日やったわ。今日は寒い上に朝ヒートテックを履くのを忘れていた。ヒートテックというのはいわゆるモモヒキですが、これがないと冬場はさすがにシンドい。足元冷えまくっていたので、いつも以上に寒かった、、。

一応ワンバイトありましたので、完全試合は避けましたが、まあ野球で言えばデッドボールで塁に出たぐらいなもんですね、、。水温が1℃下がった影響もあると思う。先週だったらパクっとワーム一呑したはず、、。

明日は雪が降るらしいので、来週はさらに冷たくなるでしょうね。さすがにもう休むかな、、。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント