7/9釣行記。今年一番の暑さ!激渋の霞ヶ浦水系!3匹ゲット(横利根川、鰐川とか)

北浦

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。雨が少なく5月以降ずっと水門が開いていなかった霞ヶ浦水系ですが、先週まとまった雨が降り、木曜日から4日連続で水門が開きました。せっかく水位が上がったのだが、すぐに下げられてしまう。今日も水門が開いているが、影響はあるのか。はたして如何に。

現地5時半頃着。まずは高橋川からスタートする。先週の雨で濁っているかと思ったがあまり影響はない様子。サイトでバスを探すがコイしか見えない。結構歩いたが結局発見できず。一応ルアーも投げて探るが反応なし。移動する。横利根川へ。

 

横利根川はかなり水が澄んでいる。ここ1ヶ月ぐらいずっと綺麗な状態だ。綺麗すぎてルアーを見切られる感じだ。今日はバスもよく見えた。サイトで釣ろうとしたが、完全にルアーを見切られてしまう。一度ワームを水中の杭の上に置いて放置していたら、見に来て喰いそうになったが甘噛されて終わった(;´Д`)。ブルーギルですら見切る感じなので、今日はかなり渋いのか?移動する。

鰐川へ移動した。かなり暑い。33℃ぐらいある。灼熱地獄だ。ここはいつものようにダウンショットリグとクランクベイトで攻める。暑すぎてダルかったが、なんとか粘ってやっていたところ、一度だけ喰ったがラインブレイクしてしまった。やったらいかんヤツやってしまったー。いつもはここでは10lb以上のラインを使うのだが、今回は8lbだった。ちょっと不安はあったのだが、なんとかなるだろと思ってやったら、やっぱ駄目だった。結構デカかったと思う。

昼飯を喰って、また横利根川で少しやったが釣れる気がしないので、気分を変えて大きく移動しようということで、北浦の水原エリアに行ってみた。ここはいつも人が多い印象だったが、今日は少なかったな。釣れないのか?入りたい場所にすぐに入れたが、ここもまったく反応なしでした。また移動。

また鰐川に来た。いい感じで風が吹いていたので、釣れる雰囲気があった。気がついたらもう16時頃で、まだ一匹も釣ってない!やばいボウズだ。ここで釣らないとまずいということで気合を入れてやるがまったくの無反応。これはシャレにならないヤツだ。この時期にボウズはいかんだろとかなりあせる。もう18時を回る。最後は夏に実績のある横利根川のポイントに向かう。ここで釣れなきゃアウトだ。かなり焦ったがなんとかキマシタ!

25cmぐらいの3連発しました。18時半頃ですよ、釣れたの。なんとかボウズ回避。やっぱ夏は夕マズメが釣れるね。ルアーはいつものスイングインパクト2.5inchのダウンショットリグです。これにて本日は終了しました。

今日はヤバかった。危うくボウズだった。色々要因はあると思うが、暑くてシンドかったのが一番の原因だろうな。人間もバスも。あと減水がMAXだった。それと水が綺麗過ぎるし、ベイトもたくさんいた。小さい小魚がたくさん居たね。わざわざ偽モンのエサを喰う必要ない状態だったと思う。まあ去年もこの時期はこんな感じで釣れなかった時はあったので、いづれまた状況は変わると思う。

それではまた。

【関連記事】
7/2釣行記。無風多湿!酷暑の霞ヶ浦水系。3匹ゲット(北浦、鰐川とか)
6/25釣行記。如何にも梅雨な霞ヶ浦水系。3匹ゲット。(鰐川、横利根川とか)
6/18釣行記。今日も激渋な霞ヶ浦水系でオカッパリ大会出場!なんとか2匹ゲット(横利根川、鰐川)

コメント