亀山バス釣り大会時のタックルや釣り方、ポイントなど紹介

ポイント紹介

こんばんは。
忙しすぎてなかなかブログの更新ができません。10月までは更新頻度が落ちてしまうと思います。できるだけ2日以上は空けないようにしてますが、、。なんとかせんといかん。

先週の亀山での釣りですが、かなりベーシックな釣り方だったと思います。亀山における釣り方という意味で。釣った場所は本湖の鳥居周辺で、水深5mぐらいのところです。ここをダウンショットリグで攻めて3本釣りました。まあ一匹はバラシましたが。

この辺のポイントは小森嗣彦プロが動画などでよく釣っているポイントでもあります。ルアーはお馴染みのレッグワームを使って釣ってますね。この辺は回遊しているバスがいるので、タイミングが良ければポンポン釣れます。釣れなくても粘っていればいつか釣れると思います。

リグはスイングインパクト2inchのダウンショットリグです。リーダーは20cm。シンカーは1.8g。ラインはフロロ3lbです。ワームのカラーはグリパンです。いつもは2.5inchのスイングインパクトを使いますが今回は喰いが渋いのでサイズを下げました。小さいワームを使ったから釣れたんだろうと思われるかもしれませんが、小さいからと言って釣れる訳ではありません。実際、見えバスにこの2inchワームを投げても一発で見切られます。亀山のバスはどんなサイズのワームであろうと見切ります。

今回の釣り方でキモにしたのは、できるだけルアーを目立たなくすることでした。サイズは小さいものを使い、色も目立たないグリパンを使った。アクションもゆっくり細かく動かし、バスに気付かれなくても良いというくらいにした。亀山は霞ヶ浦水系と違って確実にバスは近くにいるので、目立たす必要はなく、気付いてもらったバスが喰ってくれれば良いという感じでやった。

そのような戦略で3本かけた訳ですが、今思うとずっと鳥居の周辺でやっていればもっと釣れたかもしれない。途中で飽きてカバーネコ始めてしまったのだが、勝負に徹してダウンショットを粘っていればもっと釣れたと思う。

この辺は動画を公開してますので、よければ御覧ください。どうも亀山の動画は霞ヶ浦水系に比べると視聴数が少ない。自分的には亀山の動画はかなりの力作だと思っているのですが(;´Д`)。

しばらく亀山はお休みの予定ですが、今年は冬にも行こうかな。
それではまた。

【関連記事】
9/16釣行記。青木大介プロ参戦!キャスティング亀山ダム大会に参加した結果、、、
9/10釣行記。大会プラで亀山ダムへ。6匹ゲット
改めてわかった最強のフィネススピニング!シマノ16ヴァンキッシュ!

コメント