2018ダイワSV LIGHT LTD-TNはありか?SVとAIRの融合したベイトフィネスリール?

ダイワ
モアザンセンサー12ブレイド PEライン
4,388円(税込)※07/03時点

こんばんは。
年末ということで非常に忙しいのですが、ブログの方も書き入れ時なので書くしかないです。深夜0時に家に帰ってからブログ書いてます。道具バサーとしてはフィッシングショーまでは休めませんわ(;´Д`)。

SV LIGHT LTD-TN

(写真は並木敏成プロのFacebookより借用)

2018年ダイワより SV LIGHT LTD-TNという新しいリールが登場します。TNという名前が入っているので、並木敏成プロのシグネチャーモデルということになります。見た目はSS AIRの色違いのリールだが、何が違うのか?


並木プロのFacebookによるとこのリールの特徴は、SVとAIRの融合ということらしいです。AIRよりも強く、糸巻量も多くしたい。さらにSVよりも軽いルアーが投げられるようにしたいということで生まれたモデルのようです。

スプールはG1ジュラルミン製で32mm径。SV LIGHTという文字が入っている。糸巻き量は8ポンドが80メートルまで巻けるようだ。スプールの重さがどれくらいなのかが気になるが、AIRより軽く、SVより重いのか。ここが一番重要だな。従来品とどの程度違うのか?

サイドプレートはTN系のデザインと同じような形になっている。正直に言って、新型リールとしてはインパクトに欠けるのだが、TN系なんでそれなりに良いリールになっているのは間違いないと思う。ボールベアリングの数もSS AIRより多いし、価格は48,500円となっており少々お高い。良くなっていないとおかしいよね。

スティーズAIRを期待していた自分としては少々物足りないのだが、実際にフィッシングショーで触ってどんなもんか確かめてみたいですね。実際に買うかはそれからだな。

それではまた。

【関連記事】
2018年ダイワから安いハートランド登場?新たなる展開!
ダイワ2018年チラ見せ動画シリーズ始まる!新型スピニングリール発売か?
2018年ダイワ・シマノ新作リールを予想する!【妄想】
2018ダイワからタトゥーラエリートロッド日本発売決定!クランク用グラスコンポジットロッド!
最近のメインタックル。ダイワWEREWOLF(ウェアウルフ)だ!

コメント