外浪逆浦、鰐川など釣行。2匹ゲット。

与田浦

今週も霞ヶ浦水系で釣りです。

先週からお腹の調子が悪いのが気になるところ。今日も若干腹の調子が、、。

4時起き、東関東自動車道経由で、まずは外浪逆浦に行くことにした。しかし、この選択はミスだった。いつもは外環経由常磐道で桜土浦まで行って、そこから各ポイントに行くのだが、今回は東関東自動車道なので、首都高をまず使うことになる。

東関東自動車道はめちゃ空いていて良いのだが、そこまで行くのに時間がかかる。早朝でも都心は信号が多いので時間がかかるのだ。首都高もあまりスピードを出せない。霞周辺は朝ならガンガン飛ばせるのだが、、。結局朝2時間以上かかって最初のポイントに着いた。いつもなら90分以内には着くけど。

潮来IC近くのつり場に向かう。しかし、朝から人が多いわ、、。入りたいところは既に先行者ありで、なんとか空いている水門近くで釣りをすることにした。

まずはベイトフィネスでネコリグを使って打つことに。今回の釣りはこのタックルを使いこなすことをテーマにしていたので、、。で、、やっぱ軽すぎて投げづらい。結構苦戦する。何投目かしたところでバックラッシュだ、、。バックラッシュを直すために糸を出して悪戦苦闘。その間ネコリグは水の中。

しばらくしてやっと直ったので、糸を巻いたらなんか掛かっている、、。あれ、、。釣れているぞ、、。鯉かなと思ったらバスだった。

おお、、、結構でかい、、。糸をだいぶ出していたので、巻き取るのが大変。なんとか引き寄せた。40cmのバスだった。まさか、バックラッシュ直している最中に来るとは、、、。

がっつり飲み込まれていた。

ルアーはゲーリーヤマモトのカットテール5inch。ネイルシンカーは1.3g。釣ったというより、釣れたバス。釣れてしまったバスかな。針を外すのが大変だった。ちょっとかわいそうなことをしたな。ちゃんと生きていけるかな。とりあえずボウズを回避。朝一で釣れるのは珍しい。

潮来IC付近でしばらくやるもその後は何もなし。魚居そうな雰囲気はあるのだが、、。

次は鰐川方面へ向かうことにした。鰐川は良さ気なポイントをランガンする。

しかし、まったく反応なし。テトラポッドがあるところでは結構粘ったがアタリなし。テトラの攻略方法がよくわからんな、、。釣れそうで釣れないね。

何もないまま昼休憩。ファミリーマートで弁当を買う。またまた先週に続いて1匹で終わる気配がしてきた。体調もイマイチ良くないので、なんかモチベーションが下がってきた、、。

昼飯後は、鰐川のとあるドックでやってみることに。めずらしく先行者がいないドックだった。ドックではファットイカで杭や船と護岸の間などを打つ。あまり反応がなかったのだが、あきらめかけたころに小さめのバスをヒット!しかし、バレてしまった、、、。

お、、、。小さかったけど釣りたかった、、。1匹で帰るのと2匹では大きな違いなのだ。残念。このドックはその後反応なかったので、また外浪逆浦方面へ向かう。しかし、まったく反応なし。釣れる気がしない。

ここで、外浪逆浦は諦めて、久々に与田浦に行くことに。先月釣れたポイントに向かう。与田浦は日曜日の午後は空いてますね~。あまり他の釣り人にバッティングせず入れた。

ここでゴミが溜まっているアシのところにファットイカを落とし込んだところ、ヒットした!しかしまたもバラす。小さかったが、、。2回目のバラし。どうもファットイカは小型のバスだとしっかりフッキングしない感じだ。その後反応なし。もう17時になってしまった。

与田浦は釣れる気がしなくなったので、最後に横利根川に行くことにした。1時間だけ最後の悪あがきをすることにした。17時半に横利根川到着。だいぶ涼しくなってきた。

アシ際をファットイカで攻める。すると、、キマシタ!!!

37cmぐらいのまあまあのバス。今回はしっかりフッキングしてくれました。なんとか2匹釣った。これで本日終了です。18時でした。

本日の反省

昼間釣れないのはどうしたことか。釣れないとモチベがどんどん下がるわ。

ベイトフィネスはもうちょい練習が必要。後半はほとんど使わず、重量のあるファットイカばかり使っていた。まあファットイカはなかなか信頼できるルアーだ。自分の中ではフリックシェイクと並んで1軍入りした。

本日の釣果
バス2匹。
バラシ2匹。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント