12/13釣行記。冬の寒い雨が降る霞ヶ浦水系。釣果も寒い?(常陸利根川、黒部川)

与田浦

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。金曜日にかなり雨が降り、気温も25度ぐらいまで上昇した。12月としては異常な天気だった。今日も少々気温は高めだが、環境の激変がどう出るか?

4時半起床。6時半頃現地着。まずは横利根川からスタート。

気温は9度ぐらい。12月としては温かい方だが、雨が少し降っていたので、まあまあ寒い。水温は12度ぐらいあった。結構上がっている。だが微妙な状態だね。完全な冬とは言えないが、まあ十分寒いと言えば寒い。

ダウンショットリグなどで攻めるがイマイチ反応なし。一回だけコツンとアタリがあったが、乗らず。早々と切り上げ、移動することに。次は牛堀エリアへ。

ここは夏より人が多いわ。寒いのによくやりますね。まあ自分もですが、、。ここは安定のノーバイトでした。雨が強くなってきた、、。雨が降ると若干やる気がなくなってくるな、、。寒いし、なんかシンドい。移動することに。次は鰐川テトラ帯へ。

ここもバサーは結構多め。今日はヘラ師は少ない。ここもイマイチ反応ないが、テトラの穴釣りをやったところ、一度バイトがあり、竿がしなったが、すぐに抜けてしまった。あれバスかな?一瞬の出来事だったのでわからないが、まあ1バイトにしておこう。

バスは釣れなかったが、こんなものを釣った、、。
 

ルアー釣った。何気に小バス釣るよりは嬉しかったりするのだ。後で調べたらジャッカルのダウズビドーというルアーだった。状態も良い。ありがたくリユースさせて頂きます。

移動することに。次は常陸利根川へ。

ここはノーバイトノーフィッシュ。移動する。ここは話すこと何もなし!

次は久々に黒部川に行ってみた。ここに来るのはおそらく春以来じゃないかな。ヘラ師が結構いたな。ヘラ師が居るってことは魚がいるということだ。なんとなく釣れそうな雰囲気あるが、、。水はやたらきれいだった。黒部川はもっと汚いイメージあったが、今日はかなり透明度が高い。しかもベイトフィッシュがたくさん見えるじゃないか!

しかしノーバイト。まあここで粘っていればバスが回遊して来そうな感じはするが、どうも今日は1か所で粘る気がしない。本流の方へ移動する。

 

本流の方も今日は透明度が高すぎな感じ。カモもたくさんいるな。魚は居そうな気配はあるが、如何せん見た目変化がないところなので、どう攻めて良いのやら、、。カナモがDVDの中でこの辺で釣っているんだけどね、、。まあそれを見て黒部川に来た訳ですが、、。移動する。最後1時間は前回釣った与田浦に向かう。

しかし、与田浦は今日は沈黙。前回釣ったポイントも音沙汰なし。与田浦はやはり濁っていた。雨降るとここは確実に濁るな、、。ノーバイトノーフィッシュで4時半頃には暗くなり終了となりました。

今日はなんだか雨が降ったせいか、あまりモチベーションが高くなく、たんたんと時間が流れて行ってあっという間に終了になってしまった、、。 久々のボウズ。まあ冬はコレが普通なのかな。今日は移動しすぎだな。もうちょい冬のポイントでじっくり粘った方がいいな。次回の反省点ですね。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント