3/5釣行記。気温は上がったが水中はまだ冬の霞ヶ浦水系(横利根川、前川とか)

与田浦

こんばんは。
今日は行ってました霞ヶ浦水系。久々3週間ぶりの釣行です。前回はホゲましたが、真冬ということで釣れなくても良い感じで行きましたが、今回はだいぶ暖かくなり一匹は釣らんといかんという感じだ。ただブログでも書いたが、3月はまだ冬みたいなもんで厳しいのだ。果たして釣れるのか。

朝4時起床。6時半ごろ現地着。まずは北利根川の牛堀エリアからスタート。朝一はミノーかシャッドを巻いた方が良いと思ったので、巻きやすそうな牛堀から攻めることにした。ここはワカサギ釣りしている人が居て、釣っているのを見たことあるので、ミノー巻くのは良い場所だと思った。

風はほとんどなく、気温も10℃ぐらいまで上がった。水温は測っていないが7℃ぐらいのはず。ここでミノーを巻いて、ピンポイントでネコリグで攻めるが、まったく反応なし。釣れそうな雰囲気あったがまったく駄目でした。移動する。横利根川へ。

横利根川はいつものテトラ帯に行く前に、夏のポイントにも行って様子を見たが、まったく異常なしでした。もしかしたらでかいのがウロウロしているかと思ったのだが。テトラ帯ではいつも通りダウンショットリグでネチネチ攻める。ここで一匹高級魚をGETしました!

一匹1600円はする高級魚を釣りました。何気に小バス釣るより嬉しいヤツね(*´∀`*)。フックも錆びておらず、そのまま使えそうな良い個体です。持ち帰ろうかと思いましたが、可哀想なのでリリースしてあげました(嘘)。

これ以外はまったく反応なしでした。生命反応がまったく感じられないわ。人間は多いけどね。また移動する。与田浦へ。

与田浦も冬には行かない水路やシャローを攻めて、一発デカイの狙いで行きましたが、まったく反応なしでした。 釣りをするにはいい天気なのだが、まだ水中は冬なのか?水温は6.8℃だった。12月より冷たいな。

ここで昼になったので、昼食を取り、午後は前川へ行ってみた。

前川もまったく異常なしです。まったく釣れる気しないわ(;´Д`)。バスは何処に行った?また移動する。最期は何処にするか迷った。東風が吹いているので、本湖西岸に行くか迷ったが、またも横利根川へ向かう。

横利根川は人が多いな。大曲に行きたかったが人大杉でやめた。考えることは皆同じのようだ。仕方なく別の場所でやる。夕マズメを期待したが、、。また別の魚を釣りました。

本日2匹目です。この魚は冬の間に大量に放流されるので、春になるとよく釣れます。ということで、このプラスチックの魚以外はまったく釣れない(;´Д`)。最後の横利根川もまったくバスの反応なく17時頃に本日の釣行は終了しました。

以上、今日もボウズです。まあ3月初旬は厳しいことはわかっていましたが、かなり難しいわ。バスってどうやって釣るんだっけ?ってなるくらい迷いが生じるな。まあいづれ釣れるのでここで自信は無くさないようにしよう。去年はこの時期8連敗してますから、この程度では動じませんよ。でも早く初バス釣りたいわ(;´Д`)。来週は釣りたいが、、。

ではまた。

【関連記事】
2/19釣行記。春っぽくなってきた霞ヶ浦水系。しかし釣果はまだ冬。
1/29釣行記。寒くない真冬の霞ヶ浦水系。NBNF達成!(横利根川、与田浦など)

霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント