4月の霞ヶ浦水系はそんなに甘くない!バスはまだ眠っている?

釣り理論

こんばんは。
先週ようやく今年の初バスを釣りました。4月になってようやく釣れました。3月はおそらく厳しいだろうというのは去年の実績から予想はできていました。霞ヶ浦の3月はまだ冬なんですね。で、4月になってやっと水温が上がってバスが動き出したので釣れました。ただ、4月が簡単なのか?というとそんなことはないのだ。

4月の去年の実績は、1日やって1,2匹という感じでしたね。ボウズは避けたがなんだかんだ厳しいという感じでしたね。油断すると十分ボウズはありえますね。釣れたバスはプリプリのスポーニング前の元気の良いバスか、ガリガリの冬眠から明けたばかりという感じのバスでしたね。まだバスも本調子じゃない感じです。ゴールデンウィークになれば、大分バスの活性が上がる感じですが。まあGWは人が多いというまた別の問題があるが、、。

4月の釣りを難しくする要因の一つに、代掻きというのがある。代掻きというのは、田植えをする前に、田んぼの土に水を入れてかき混ぜて、土をならす作業のことを言うのだが、これをやられると霞ヶ浦水系の水が濁るのだ。これがGWあたりまで続く。最近の農家は兼業農家が多いので、GWに田植えをするところが多く、4月末ぐらいが代掻きのピークになる。

濁るとバスの活性はやはり鈍る。上手いこと水の良さそうな場所を見つけないといけない。逆にいい場所を見つけるとそこにバスが集まっている可能性があるので、釣れまくることもある。

このように4月は、水温がまだ若干低めなのと代掻きという2つの難しい要素があるのだ。あと人が多いというのも4月の特徴です。GWをピークに4月中はどこに行っても人がたくさんいますので、これもまた難しいポイントです。

てな感じで、4月は甘くないぞという話でした。3月も厳しいという話をしましたが(;´Д`)。じゃあいつなら釣れんだよ?という話ですが、比較的イージーに釣れるのは8月ですね。自分の中ではの話ですが。まあ、基本的にいつでも簡単に釣れることはありません(;´Д`)。バス釣りは基本的に難しいので、この難しさを楽しむことが大事ですね。

それではまた。

【関連記事】
あせるな!3月の霞ヶ浦水系はまだ冬。釣れないから。
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
霞ヶ浦のシラウオパターンは風裏だった件
霞ヶ浦水系の春のワカサギパターンは本当に存在するのか?

コメント