LTコンセプトとは何か?ダイワの新基準について調べてみた

ダイワ
8.6L アルファス AIR TW
32,945円(税込)※07/03時点

こんばんは。
ダイワの新しい用語「LTコンセプト」ってなんですか?。今年発売される新しいスピニングリールに採用される新技術ですが、気になるので詳しく調べてみた。おそらく18イグジスト?にも採用されるであろう新技術。既にアメリカではLTコンセプトのスピニングリールは発売されているようです。一体どんなものなのか。

軽さとタフさの完璧な融合!

※画像はアメリカダイワのHPより借用

英語で書かれていました。超訳?すると「従来より小さいサイズにも関わらず強くなったぜ!小さいサイズに関わらずより大きいデジギヤが入っているんだ!軽さとタフさが完璧に融合しているのさ!さあ一つ手にとって確認してごらん?」との事。

要するに軽いのにタフなんだよという事ですね。

先日書いた18フリームスの紹介記事でも触れましたが、 「タフデジギヤ」が入っているのがポイントかと思います。これはタフ系のベイトリールであるリョウガやジリオンTWなどで採用されているギヤです。それが小さいボティサイズのスピニングリールに入っているということなので、かなり強くなっていると言えます。

品番が変わる

LTコンセプトシリーズのリールから品番の体系が変わるようです。従来のダイワのスピニングリールの品番は「2506PE-DH」「2505F-H」といった形で、下二桁に訳の分からん数字が入っていた。

これが「1000」「2000」「2500」「3000」「4000」という形で下二桁は0だけになった。これはシマノと同じ形式なので分かり易くなった。これは良い変化ですね。ユーザー目線に立った変更ですね。

また数字の後に続くアルファベットは、

D」=深溝
」=標準
S」=浅溝
SS」=超浅溝

となるようです。これも分かりやすい。今までのモデルはここがPEとか書いてあったりするので、PEしか使えないのかよ!と思ってしまう。使うラインはユーザーが選べば良いということになります。

次のハイフンの後のアルファベットは「C」はコンパクトサイズの意味。

次のアルファベットはギヤ比を意味する。

P」=4.9以下
」=5.0~5.4
H」=5.5~5.9
XH」=6.0以上

これも分かり易くなった。まあシマノに合わせた感じだね。

最後は「DH」でダブルハンドルの意味。これはあまり登場することはないでしょう。

ダイワのLTコンセプトの詳細ページ

18イグジストもLTコンセプトか?

まだ記事を書いている時点では発表(1/9発表予定)されていませんが、18イグジストもLTコンセプトになると思われます。発売されることを前提で書いてますが(笑)。

イグジストがLTコンセプトになるということは、今後出るスピニングリールは順次LTになって行くのかな。それとも従来品と共存させるのか。今後の発表が気になるところです。

早くフィッシングショーで実物見てみたいですね。
それではまた。

【関連記事】
ダイワ18フリームスは超絶進化!かなりオススメできる理由
2018年ダイワからとんでもない新商品が!18イグジストか?
ダイワ2018年チラ見せ動画シリーズ始まる!新型スピニングリール発売か?
シマノ2018ステラの画像や動画とか最新情報!
2018ダイワSV LIGHT LTD-TNはありか?SVとAIRの融合したベイトフィネスリール?

コメント