4/14釣行記。爆風の霞ヶ浦水系。なんとか1匹ゲット。

与田浦

こんばんは。
今日は行ってました霞ヶ浦水系。土曜日でしたが行ってました。天気予報を見たら明日は雨と風で大荒れとなるらしいので、急遽予定を変更して午後から霞に行ってました。明日は風速15mとか言ってますし、危険ですからね。何より雨がキツイ。ということで、速攻で用意して出かけたが、はたして釣れるのか。

13時頃現地着。まずは横利根川からスタート。南風が強いがギリギリ釣りはできるレベル。今日は風速5mぐらいかな。水温は16℃だった。先週と変わっていない。若干低いくらいだ。この時期にこの水温は低いと思う。

まずはいつものようにネコリグで攻める。護岸際などを攻めるとギルのバイトは結構あるが、バスからの反応はない。しばらくやるが異常なし。移動する。

次は与田浦へ移動する。ここは風をさえぎるものがないので、かなり風が強くなる。釣りをするのに支障が出るレベル。ちょっと粘るが、風が強すぎてやる気が無くなる。ここもまったく反応なく終る。

某所へ移動。八重桜が綺麗だった。ここは風裏になったので釣りはやりやすかった。ダウンショットリグに切り替えて攻めていると、ググっと重くなった。結構デカイのでナマズかなと思ったが、魚体を見たらバスだった。

よっしゃー!やっと1匹目キタぞ!と思ったが、ランディングするために立ち位置を変えた時に痛恨のフックオフ(;´Д`)。

非常に痛いミスだった。今日は簡単には釣れそうに無い日だっただけにこのバラシは痛い。今思うとまあまあデカイ魚だったかもしれない。ミスったのを引きずりながら、魚は居そうだったので、しばらく粘ったがその後反応なし。

ここで、最近買ったダイワの新リールSV LIGHTの試投動画の撮影などやる。釣りする以外にも色々やることあって大変なんですよね。喋りながら釣りするのって結構難しいんですよ。意識して喋らないと絶対にできない。

釣った後のガッツポーズとかあれ全部意識してやってますからね。自然にあんな声出ないから。昔の動画とか見ると釣った時も一言も言葉を発してないですよ。淡々と釣ってるだけ。ちょっとは何か喋ろよって自分で思う(;´Д`)。

そしてもうラストです。今日は午後だけなのであっという間に夕方です。ラストはまた某所です。一回バラしているので、今日はここに賭けることにした。そしたら一投目でキマシタ!

38cmのバス。40cmあるかと思って測ったが安定の38cmでした(;´Д`)。リグはダウンショットリグで、ルアーは安定のスイングインパクト2.5inchです。シンカーは3.5g。リーダーは20cm。ラインは10lbです。ベイトフィネスタックルです。

この1匹でなんとかボウズ回避できた。もっと釣れるかなと思ったがその後は反応なし。18時頃に終了しました。

今日は爆風で、気温水温もやや下がってしまい難しいコンディションだったと思う。簡単に釣れる雰囲気は全然無いですね。そんな中で一応2バイトあったので良しとするか。来週はヒタチノ釣りチャンネルさんの大会があるので、そちらでなんとかいい結果を出したいですね。

それではまた。

【関連記事】
4/8釣行記。久々出たぁ48cm・1800gフィッシュ!霞ヶ浦水系最大クラス
4/1釣行記。桜咲く霞ヶ浦水系。3匹ゲット!
3/23釣行記。ついにワカサギパターンで釣った!霞ヶ浦水系土浦のみ釣行
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
霞ヶ浦水系の春のワカサギパターンは本当に存在するのか?

コメント