釣行記。3匹ゲット。andズーナマ4匹(餌釣り)。霞ヶ浦水系(横利根川、与田浦、鰐川など)。

ナマズ

こんばんは。
昨日釣りに行ったのですが、炎天下で一日中釣りをしていたので、さすがに疲れて昨日はブログ書く気力はなかったです。あと釣りの最中に何処かで左腕を雑草で引っ掻いたのですが、そこがヒリヒリ腫れて今だに痛いです。何なんですかネ。これ。

昨日は3時に起きて、霞ヶ浦水系です。5時ごろ到着。まずは安定の横利根川から。横利根川もアオコが出てました。なんか汚いな。水が。生命感ない感じ。

杭など打っていくが反応なし。朝一を完全にしくった。1時間ほどやって少し移動。しかしそこでも無反応。ヤバイ。朝の一番貴重な時間で何もなし。完全にヤバイ流れ。早くも焦る。最近釣れるかどうか不安でしょうがない。

しかも今日はかなり暑い。早朝ですでに気温30度ぐらいある。体力消耗してきた。もう夏だな。完全に。夏パターンってヤツかな。なのでシャローにはバスはいないと判断。川の真ん中あたりに投げて底をズル引きしてみた。

そしたら、コツンとあたりが、、。魚かな?なんかいる感じがするが、、。何度か投げて探ってみると、明らかなアタリがあったので、ガッツリ合わせたところキマシター!

34cmのまあまあバス。
ルアーはエグジグ5/64ozにドライブクロー2inch。

これで一安心。ボウズ回避。いや1匹で安心している場合ではない。一見何もない川の真ん中あたりで初めて釣った。夏パターンを読んで釣ったのか、まぐれでたまたま釣れたのかよくわからん。

その後も同じように攻めるが、反応なし。やっぱまぐれか。まあ良いは。釣れたから理由なんて後付でどうにでも、、、。

釣れないので移動することに。
次は夏パターンということで、少しでも流れのありそうな横利根川と与田浦をつなぐ川に行った。

なんか同業者の数が多い。
やっぱ考えることは同じか。クソ暑いからカレントですよね~

ただこの川たいして流れていない。横利根川よりは多少ましな感じ。岸際をスモラバで打っていくが反応なし。やけにレンギョがたくさんいる。でかいレンギョがパクパクしている。こいつら居るところでバスを見たことないのだが、、。

しばらくやったが無反応。対岸では釣っている人もいたが、、。また移動することに。今度は与田浦。しかし、与田浦も無反応。夏の与田浦はきついな。死んでますな。水が。風が無いのもいかん。クソ暑い。シェードゼロ。

また移動することにした。
移動の最中、流れのあるところを発見。なんとなく良さ気な感じがする。ただ以前にも釣りしたことはあるが、釣ったことはない場所。

流れのあるところの少し脇にスモラバを投入すると、、。アタリが。合わせたがスッポ抜けてしまった。惜しい、、。がここは居ることがわかったので、俄然やる気になった。さらに何投かしたところ、キマシター

 30cmぐらいのバス。
ちょっと小さいですが、まあ良しとしましょう。2匹目釣れた。今回のはまぐれではなく、夏パターンってヤツを読んで狙って釣ったバスですな。

さらに2,3投げたところ、またキター!

26cmぐらいのちっこいヤツ。
ルアーはジャッカルのスモラバ2.2gのヤツに、HPシャッドテール2.5inchの組み合わせ。

サイズダウンしたが、まあ良い。午前中で3匹釣ったぞ。調子いいじゃんか。同じ場所で2匹釣るのはこれが初めてだ。

このポイントはどこかはシークレットですな。ここは真夏のお助けポイントとして使えそうだ。まあ結構人気のあるところなんで秘密でもなんでもないのですが。いつも行けば誰かしら居るところです。 ただカレントを意識して釣らんとおそらく釣れないでしょうね。

ここで一旦、昼休憩。
前半で3匹釣ったので余裕だ。今日は。午後は、以前からやってみたかった餌でズーナマ釣りに挑戦してみた。 バスを既に釣っているので今日は遊べる。

常陸利根川(北利根川)の公園のところでやることにした。北利根橋の近く。

餌はサバの切り身です。ネットで調べてアメリカナマズにはサバが良いということだったので。サバのテキサスリグで釣ることに。
こんな感じ↓

一応リーダとしてワイヤーを付けた。ナマズ用のワイヤーとして釣具屋で売っていた物。まあこれだとテキサスではなくキャロライナリグになるのかな。

これを20mぐらい沖に投げる。そして待つだけ。待つこと3分ほどでツンツンとアタリがきた。もう来たんかい。がっつり合わせたところキマシタ。凄い引き。でかいのかと思ったが、

40cmぐらいのアメリカナマズ。
開始3分で釣れたわ。おそらく簡単に釣れるだろうとは思ったが、予想以上に簡単だった。

新しいサバを付けて2投目。今度はすぐには来ないだろと思って竿置いて、ちょっとスモラバでも投げてバス釣りしようとしたら、ビクンビクン竿がしなった。で竿持って行かれそうになったので慌てて竿を取り、バトル開始。

すげー引く。またこいつ。

また40cmぐらい。
いとも簡単に釣れるぞ。その後も同じぐらいのサイズ2匹釣って、最後はエサ取られて終了。サバの切り身5切れがあっという間に完売です。百発百中です。

しかしホント簡単に釣れる。完全に釣り堀状態。これだけのサイズの魚を簡単に釣れるところはそうないと思う。 引きだけならバスより強いし、単純に引きを楽しみたいならアメリカナマズは良いかも。

真夏の昼間、釣れない時間帯に暇つぶしでやってみよう。単純に楽しめる。今度はもっとデカイの釣りたい。80cmクラスのヤツを。

1時間程でお遊びは終了。これからはバスだ。まあバスも遊びか。でもバス釣りは戦いという感じがするは。ナマズ釣った周辺のテトラ際をスモラバで攻める。すると20cmぐらいの小バスをヒット!しかし空中でオートリリース。

これだけでここは終了。また移動することに。
今度は鰐川へ向かう。

北浦は今アオコがひどいらしいが、鰐川あたりは流れがあり、それほどひどくない。橋の下でやりたかったが、同業者多数で入る余地なし。ちょっと離れたところでやるが、反応なし。

風が吹いてきたし、釣れそうな雰囲気あるのだが、何もない。ここでまた移動することに。風が吹いたので、また与田浦に行ってみた。

風吹いたから復活しているかなと思ったが、何もなし。無反応。そろそろ時間がなくなってきた。また移動する。最後はまた横利根川へ向かう。

しかし、横利根川も無反応。ノーフィッシュで終了しました。結局午後は0匹。後半に釣れなかったのでなんか消化不良な感じ。まあ午前3匹釣ったから良しとするかな。

来週は流入河川でカレント探しするかな。

今日の釣果
バス3匹。(バラシ1匹)
ズーナマ4匹。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント