釣行記。荒川秋ヶ瀬取水堰。ちょっとだけ、、。

荒川

こんばんは。
今週は霞に行けないので、本日午後15時ごろから2時間ほど荒川の秋ヶ瀬で釣りしました。

まあ2時間だけなので、期待はできません。しかし、短時間でも釣れる可能性はある。行かなければ絶対に釣れない。じゃあ行っとくかとういうことで行きました。

天気予報では曇りの予報だったが、しっかり雨降りまくりです。昨日も雨だし、増水して濁っているからますます期待はできないが、、。

まずは堰の上流側から始める。ヘラ師も今日は少ない。雨だからね。まずは、ドライブシャッドの3.5inchで攻めるが、反応なし。開始早々に投げる為に竿を引いたところで、木の枝にルアーが引っかかり、盛大にバックラッシュ。絶対に直らないヤツをやってしまった、、。

車に別の竿を取りに帰る。早くもモチベが下がってきた。1時間ほど攻めるがやはり反応なし。雨も強くなったので、もう帰ることにした。

が、、、もうちょいやろうという気になったので、今度は堰の下流側でやることにした。

釣り人は雨にも関わらず結構多かった。シーバス狙いの人とバス狙いの人半々といったところか。ここは、バスと同時にシーバスも釣れる意外と珍しいポイントだ。埼玉で海の魚が釣れるのだ。

堰の近くは人が多いので、ちょっと離れたテトラの付近でやることにした。ここでもドライブシャッド3.5inchを使う。

そしたら3投目ぐらいで、バイトが、、。おお、、魚の姿が見えました。小さいが、バスかな。シーバスぽい感じもした。 軽くくわえてすぐ離してしまった感じなのでフッキングできず。でも、魚の姿が見えたことで、俄然やる気になった。

魚いるじゃねーか。

しかし、、、その後はあたりなし。1時間程で終了しました。

荒川はしばらく梅雨が明けるまで厳しいのかな。まあ明けたら今度はクソ暑くなるのだが。
荒川攻略はまだ時間がかかりそうだな、、。

【関連記事】
荒川バス釣りポイント紹介。その1、三領水門。
荒川バス釣りポイント紹介。その2、笹目橋。
荒川バス釣りポイント紹介。その3、秋ヶ瀬取水堰。
9/4釣行記。ついに荒川で幻の魚(バス)釣ったぞー!!!

コメント