10/6釣行記。濃霧と激流の霞ヶ浦水系。4匹ゲット。

常陸利根川

こんばんは。
今日は行ってました霞ヶ浦水系。久々の土曜出勤です。土曜なんで当日にブログ書きます。先週は台風を警戒して行かなかった。今週も台風が来ているが、どうやら影響はないということで出撃しました。最近あまり釣れているという話を聞かないが、はたして如何に。

横利根川からスタート

6時頃現地着。まずは横利根川からスタートする。霧が濃くて、一面真っ白だった。秋になると霞ヶ浦水系ではよくある。気温は20℃ぐらい。水温も20℃ぐらいだった。まずは買ったばかりのハリーシュリンプ3inchのネコリグで攻める。

あちこち投げるがなかなかアタリがない。水は白いアワが立っていてあまり良さげではない感じ。今日もキツイな、、と思いながら釣りして1時間ぐらい経過した頃に、なんとなく重くなる感覚があった。合わせるとキマシタ!

40UPいった!と思ってメジャー出したら37cmだった(;´Д`)。最近デカイの釣っていないので、感覚が鈍っているな、、。でも体高のあるいい魚でした。よく引いたし。ここではその後も粘るが1本のみだった。移動する。

与田浦へ移動する。今日は3連休の初日だが、意外と人は少ないように感じた。与田浦でもネコリグであちこち実績のある場所を撃っていく。しかし反応はない。今日はコンディションが良いのか悪いのかよくわからない。ローライトで暑すぎず寒すぎない釣りがしやすい天候なのだが、、。

常陸利根川へ行ったら激流だった

常陸利根川へ移動する。台風の影響で増水していたため、水門が開いているのだが、ものすごい激流になっていた。一気に水位を下げている状況。これはバスは耐えられないので、流れをブロックするようなところに居るはずと思った。

しかし、イマイチ反応なし。水も悪い感じで、バスの活性は低そう。こんな状況で釣る術を知らないので早々移動する。

次にどこに行くか迷ったが、流れの影響の無いところが良いだろうということで、霞とは関係ない黒部川に久々に行ってみた。1年ぶりぐらいだが、今まで釣ったことは無いはず。記憶にはない。

ここでも護岸際などをネコリグで攻める。ここでもしばらくはまったく反応なく、厳しいな、、、なんて思ってやる気が失いかけたころに、遂にキマシタ!

35cmぐらい。そんなに大きくないが、ブリブリの良い個体でした。ルアーはまたもハリーシュリンプ3inchのネコリグです。ネイルシンカーは0.9gを使用。フックはスナッグレスのNSS#2/0を使用した。これはなかなか良いですね。また今度使い方などはブログで書きます。

黒部川は1匹釣ったのみ。釣れたが再現性は無いやつですね。連発してくれない。

午後はあちこち回って小さいの2匹

午前中に2匹釣って、昼飯を喰いながらTwitterに上げてました。しかし、なんとか釣れたが、その後どうすれば良いのか見えていない状況だった。

水郷エリアをあちこちランガンするいつものパターンですが、どこに行っても簡単には反応が返ってこない。北利根川で20cmぐらいのノンキーを一匹釣るがそれだけ。コバスが釣れたが、そこから何も見えてこない。

夕方になり、最後は横利根川で釣っていたが、なんとか30弱ぐらいのバスを釣る。これもハリーのネコリグです。今日はすべてこれです。この一本で辺りが暗くなったので、17時45分ぐらいで終了しました。日が暮れるのが早い!

振り返り

今日はデカイのが釣れないし、イマイチ読めてないので、満足行く結果ではないが、なんとか4匹釣れたのでまあ良しとしましょう。前回はボウズなんで、、。秋は難しいが、動ける魚はたくさん居るはずなので、そいつらを見つけられるようにしたいですね。今後の課題です。
それではまた。

【関連記事】
秋の霞ヶ浦水系はどのポイントに行けばよいのか?
秋の霞ヶ浦水系は横の動きがポイントか?
9/24釣行記。秋雨の霞ヶ浦水系。
9/9釣行記。秋になりバスが散り始めた霞ヶ浦水系。なんとか2匹

コメント