6/19釣行記。激渋の霞ヶ浦水系。ちゃいちーの4匹ゲット。(横利根川、北利根川とか)

与田浦
霞ヶ浦
4,169円(税込)※07/31時点

こんばんは。
先週は仕事が忙しく疲れ気味だったのですが、釣りには行きます。頭痛も少しするし、なぜか足も痛くて歩きヅライ状態なんですが、釣りには行きます。珍しく朝起きるのもちょっと億劫な感じだったのですが、釣りには行きます。はい、完全に釣り中毒です(;´Д`)。

 2時45分頃起床。4時半頃現地着。まずは古渡エリアから。

前々から車の中から見ていて気になっていた古渡のとある水門に行ってみた。釣れそうな感じがしていたのだが、車からどうやってアクセスすれば良いのかわからなかったので、今まで行かずにいたのだが、頑張って道を探してみた。で、釣りしてみましたが、まったくの無反応でした。たまたま今日はタイミングが悪かったのかもしれないので、また気が向いたら行ってみよう。

移動する。いつもの横利根川へ。

朝は霧がすごかった。また蒸し暑かった。水は特に悪い感じではない。いつものようにダウンショットリグで攻めるが全く反応なし。おかしいな、釣れない。 蒸し暑くて体力も奪われる。ちょっと移動する。ヘラ師がたくさん居る方へ。

ここもイマイチ反応がない。今日は渋いな。でもヘラはたまにポツポツ釣れている。水もそんなに汚い感じではないのだが、、。しばらく粘っているとついにキマシタ。

チッコイ奴。23cmぐらい。これでボウズは無くなったが、これは釣ったうちに入らん奴だよな。もっとデカイの来いと思いながら、また同じようなところで、キマシタ。

ちょっとサイズアップ。28cmぐらい。これは一応釣ったうちに入る奴だね。ギリギリで。ルアーいつものスイングインパクト2.5inch。ダウンショットリグ。

なんとか小さいの2匹釣ったが、これ以上釣れる雰囲気がまったくしない。かなり渋い感じ。なんなんだ?今日は何が正解なんだ?移動する。北利根川へ。

北利根川の水門めぐり。1個1個攻めていった。1回だけバイトがあったが、フッキングミスした。まあまあデカかったかもしれない。でもそれだけ。後は何もなし。暑苦しい。なんかシンドいな。移動する。鰐川へ。

風が強くなってきた。活性上がるかなと思いきや、特に変わりなし。ここもダメだ。今日は釣れる気がしない。疲れているせいか根気もないなわ。ここで昼休憩。途中車運転してて、危うく赤信号で眠りそうになってしまった。ていうか一瞬寝たわ。後ろの車に起こされた(;´Д`)。今日はこのままだと帰りがヤバイなと思って、昼飯の後少し寝ました。

昼休憩後はまた横利根川へ。

釣りしているときは不思議と眠くならない。車に乗るとヤバイ。

またしばらく横利根川で粘ることにした。先週も渋い感じではあったが、なんとか横利根川で釣ったので、またその再現を狙った。しかし、ここなら居るだろ?って思えるところでまったく無反応だ。しかもギルバイトもない。最近はダウンショット使っているので、バスと同じくらいギルも釣っているのだが、ギルすら釣れないということはやっぱ今日は渋いのかな。俺だけか?

でもなんとしても釣りたい!と思ってかなりカバーの奥の奥に竿突っ込んでダウンショットリグを鬼シェイクしたところ、キマシタ。

26cmぐらい。なんとか絞り出したって感じがするわ。この1匹のために。さらに、、。

20cmぐらい。豆バス。まあでも小さくてもバスを釣るとうれしいもんです。その後は結構粘るが反応なし。今日はどうすれば良いのかまったくわからない。また移動しようにもどこに行けば良いのかも思いつかなかったが、久々に与田浦に行ってみることにした。

与田浦は意外性があるので、ひょっとして釣れんじゃね?と思ったが、ここも安定のノーバイト。ダメだ。期待して損した。また移動することにした。最後の悪あがきで、また横利根川へ。

行きたかったポイントは既に大勢の人に入られてしまった。クソが!仕方なく横利根閘門の方へ行く。ここは一番釣れそうにないところだ。今まで釣ったことがない。で、案の定釣れませんでした。最後ルアー根掛かりでロストして、直す気力がなくなったので、18時45分ぐらいで終了しました。

今日はホント渋かったわ。自分だけかな。少し疲れていて勘も鈍っていたかもしれない。でも水は汚い感じではなかったので、農薬とかのせいかな。まあこんな時でも釣る人は結構釣っていたりするので、あまり環境は関係ないんだよね。もっと釣れるように頑張ります。こんな日もあるさ(*´∀`)。

ではまた。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント